校章

飯田市立千代小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2222 飯田市千代3166-2 TEL 0265-59-2102 FAX 0265-59-2374

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2011 年 12 月 のアーカイブ

楽しかった!児童会千代祭り!!

 12月21日(水)、児童会主催で、「千代祭り」が行われました。3年生以上が、体育館に8この店をだし、チケットを使って、それぞれの店のゲームを楽しみます。

チケットは、家庭からアルミ缶や牛乳パックをもってきて交換という、地球にやさしいリサイクルの取り組みもかねている、いい実践です。

店は、ダーツや独楽まわし対決、射的や紙相撲、ボーリングなど盛りだくさんで、子どもたちは思い思いに、ゲームを楽しんでいました。

また、交流を続けている、千代保育園の年長さんもやってきて、5年生がエスコートをして、一緒に楽しんでいました。

店の内容も、子どもたちが意欲的に企画、準備をして取り組み、自主性がしっかり身についてきました。

1,2時間目で行いましたが、楽しくて、寒さも吹っ飛び、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

ページの先頭にもどる

児童に事前告知しない避難訓練を実施しました

12月13日(火)、冬期となり、ストーブを使用する機会が増えたこともあり、第三回の避難訓練を実施しました。

今回の訓練は、事前にいついつ行うということを、児童には知らせず、咄嗟のときの態度を養うねらいがありました。

避難指示放送では、家庭科室から出火というアナウンスがあったので、ちょうど昼休みで、思い思いの場所にいた

子どもたちですが、しっかり放送を聞き、整然と避難することができました。

また、今回は、児童が1名不明であるという設定もして、職員が必死でさがし、担架で児童を連れてくるという様子も

待機している子どもたちは、やや緊張しながら見ていました。

最後は、6年生が代表で、消火器の使用訓練も行いました。

とてもしっかりとした避難訓練ができましたが、本当に火事が起きないよう、一人一人がじゅうぶん気をつけたいと思います。

ページの先頭にもどる

盛り上がった!児童会ドッジボール大会

 

 

 

 

 

 

 

 12月2日(金)、児童会主催のなかよし集会「ドッジボール大会」が、朝~1時間目にかけて行われました。

千代小学校の子どもたちは、休み時間になると、学年は関係なく、仲良くドッジボールをする姿が日頃から見られます。

今回は、5つの委員会を中心にした縦割りグループ同士の総当たり戦で、1試合7分間マッチで行われました。

投げるボールの速さもかなりのもので、低学年高学年関わらず、伯仲したゲーム展開が多かったです。

みんな、瞳がきらきらしてボールを追っている姿が印象的でした。勝ち負けはつきましたが、みんな満足そうな表情

をしていました。いい集会でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる

読書旬間がスタートです!(~20日)

 12月7日(水)より、読書旬間が始まりました。図書委員会を中心に、様々な試みが行われ、子どもたちの読書を

後押ししていきます。

 この日の朝は、全校集会で図書委員会のみなさんが読書旬間についての発表をしました。

○各クラスに「読書の木」を配って、読んだ本を広めていく。

○家庭でも読書をすすめ、家で1時間読むごとに1枚、しおりをプレゼント

○図書委員会による紙芝居(休み時間)

○地区の「どんぐりの会」の方の読み聞かせ

そして、2年生が生活科の学習をかねて、「読書郵便」の取り組みをしてくれます。

姉妹学級でハガキのやりとりをし、2年生がゆうびんやさんになって、全校に届けます。

活動がもりだくさんで、きっとこどもたちも、ますます読書好きになると思います。

 

ページの先頭にもどる

いじめの悲惨さを心から訴え~秦健二さん講演会

 12月7日(水)、本校の「なかよし月間」に際し、上田市のNPO法人「あそび塾」代表として、不登校や発達障害などの子どもたちを見守る活動を行っている、

秦健二さんをお迎えして、お話をお聞きしました。

心からの叫びでした。ご自身が受けた小五のときのいじめがきっかけで、重度のチック症を患い、今も苦しまれている秦さんの、軽い言葉では言い尽くせない強いメッセージを子どもたちに残してくれました。

 「いじめはいけないんだ」「君たちは、その立場の人を守れる人であり続けてほしい。支えられる人であってほしい。後悔しない人生を歩んでほしい」「自分がされて悲しいことは、相手だって悲しんだ」「もし、いじめられている人がいるとしたら、立ち上がって行動してほしい。」

 そして、「僕が絶対守ってみせる」

 1時間、切々と訴えられました。「先生達も、子どもたちが悪いものは悪いと言える環境を作ってほしい。」とおっしゃっていました。

 千代小では、職員も子どもたちのことを全力で守っていこうと決意した時間でもありました。

 すばらしい講演会でした。

 

ページの先頭にもどる

4年生~千栄小と合同で社会見学にいってきました

 12月5日(月)、12月とは思えない陽気に恵まれ、千栄小の3,4年生と一緒に、社会見学にいってきました。

社会のゴミの学習をふまえて、

○桐林クリーンセンター→○桐林リサイクルセンター→○環境産業公園(エコトピア飯田、アースグリーンマネジメント)

→○飯田市最終処分場(グリーンバレー千代)   の見学です。

 桐林クリーンセンターでは、50mの高さを誇る「ゴミピット」のすごさに驚き、ちょうど、ごみクレーンが、ごみを

集めて攪拌する様子を、間近に見せていただき、その迫力に歓声があがりました。

  ペットボトル再生の過程でできる「ペレット」が、サッカー日本代表のユニフォームになっている

ことや、リサイクルセンターにアルミ缶でできたお地蔵様があることなど、新しい発見でした。

 そして、案内していただいたリサイクルセンターの小池さんに、「3R(さんあーる)」

リデュース・リユース・リサイクルを教えていただき、いい学習ができました。

 最後は、地元の最終処分場「グリーンバレー千代」です。その広大さに驚き、

捨てればゴミですが、分ければ資源になるということの大切さを実感できた1日でした。千栄小ともいい交流ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->