校章

飯田市立千代小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2222 飯田市千代3166-2 TEL 0265-59-2102 FAX 0265-59-2374

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

2011 年 5 月 のアーカイブ

おじいさん・おばあさんと交流会 ~5月の参観日~

「おじいさん・おばあさん、ありがとう」(交流会の始まり)

  5月27日(金)に本年度二回目の参観日がありました。今回は祖父母参観日ということで、いつにも増して大勢の祖父母の皆さんに来ていただきました。五時間目の授業参観、続く校長講話のあと、参観者との交流会が開かれました。 大好きなおじいさんやおばあさんを迎えて、児童は授業でも交流会でも大張り切りでした。ご参観いただきありがとうございました。

角柱・円柱・球体の違いを考える1年の算数

 交流会に先立つ校長講話では、まず、本年度の学校評議員4名の方々をご紹介しました。 その後は児童数やマラソン、授業を通して身につけたい力(思考 力・判 断力・表現力)などに関するクイズが出され、本年度本校教育活動の重点を会場の皆さんに理解していただくことができました。  

体育館に参加者の歓声が響き、大盛り上がりの後出しジャンケン

  交流会は、全校児童によるおじいさん・おばあさんへの感謝の呼びかけから始まり、全校ダンス「青春ライン」(いきものがかり)と「ジンギスカン」、会場の全員で楽しんだ後出しジャンケンやジャンケン大会で大いに盛り上がり、祖父母の皆さんはもちろん、児童全員大満足の楽しい行事となりました。   

 交流会の後には、学校評議員の会が開かれ、今年度の教育計画や学校自己評価計画、児童の現況などについて、説明や質疑がおこなわれました。  

 次回の参観日は、7月に予定されています。ご家族、ご近所お誘い合わせの上、ご来校ください。お待ちしております。

ページの先頭にもどる

みんなで春の田植え  よこね田んぼ 千代・千栄小と竜東中合同作業

  なれない手つきで、真剣に

 日本の棚田百選の一つ、千代のよこね田んぼで、20日(金)午後、千代・千栄両小学校の全校児童と竜東中学校1年生徒合わせて109名により、田植えが行われました。よこね田んぼ保全委員会の会員の皆さんにご指導いただき、取材に訪れたテレビ局や新聞社の記者やカメラマン・見学者が田植えの様子を見守りました。

 よこね田んぼは芋平地区に広がる約3haの棚田。農家の高齢化により放置され荒廃が進む中、棚田の景観を後世に残そうと地元の有志により保全委員会が1998年に結成されました。棚田のうち1haを保全委員会が管理し、地元の小中学生や保育園児をはじめ、修学旅行で農家民泊をする他府県の中学生、体験参加の一般市民にも作業を開放しています。

 20日は好天に恵まれ気温は高かいものの、湿度は低く、乾いた爽やかな風が棚田を吹き抜けて絶好の田植え日和となりました。水面が日差しを浴びてきらきらと輝き、野鳥やかえるの鳴き声とともに子どもたちの歓声が響き渡って、いつもは静かな田園地帯が活気づきました。子どもたちは4箇所に分かれ、裸足になって田んぼに入ると、苗を丁寧に植えていきます。

 作業は順調に進み、予定より早めに終了しました。9月に稲刈りをする予定で、収穫されたお米の一部は作業に参加した小中学校にも配布されます。保全委員長の林 邦久さん、まちづくり委員会産業部長の林 隆秀さんをはじめとして、保全委員会の皆さんには本当にお世話様になりました。ありがとうございました。

 

 

ページの先頭にもどる

学校だより

学校だより 230518 

5月18日に保護者や地域の方に配布された学校だよりです。

ページの先頭にもどる

交通安全教室が行われました

 5月13日(金)、前日までの雨が嘘のようにあがって、とても良い天気となりました。

 昨年度までは、自転車も使って行っていましたが、千代という土地柄、歩行をしっかりやろうということになりました。

 1,6年・2,5年・3,4年でペアをくんで、上の学年の子が、下の学年の子の面倒も見ながら、学校から千代の中心部の米川地区を経由する、約20分のコースを歩きました。ポイント毎に、先生方や、PTAの校外指導部の方、交通指導員の淵田さん、駐在の宮島さんが、丁寧に指導をしてくださいました。

 子どもたちは、楽しく、新緑の中をしっかり歩きました。

ページの先頭にもどる
nstanceEnd -->